セルフヘナのいいところ | id homeヘナshop

2020/05/17 19:55

セルフヘナはめんどくさい!一面もありますが

セルフヘナの良い面を書いてみようと思います。

お家で白髪染め(セルフカラー)をする場合は絶対にヘナ染めがいいに決まっています。
ドラッグストアーに行くと無数のヘアカラー剤が売られていますが、
普通のヘアダイ(白髪染め)は髪が傷む、頭皮がしみる、かぶれる。色合わせが難しいなどの問題がありますが、
ナチュラルヘナでする白髪染めは髪にも頭皮にも体にも優しい白髪染め。色も白髪がオレンジ色に染まるだけ。

エッ?白髪がオレンジ色?ってビックリする方もいますが、2日ほど経つと少し地味なオレンジ色に落ち着きます。
この辺の色などもこれから写真を追加していく予定です。

このブログを見ているということは、ヘナに興味がある方に間違いはないでしょう。

ヘナのベテランの方はヘナの良さは私以上に熟知していると思いますが
ヘナ初心者さんはヘナって本当にいいのかな?って思っている方も多いと思うのですが
ヘナのトリートメント効果は美容キャリア30年以上の私が太鼓判を押します。
美容室で良くお勧めされるサロン専用トリートメント!プラス1000円から3000円くらいの
あのトリートメントより絶対に良いと思う。
ただし、ヘナは手触りは改善されないから、そこは貴女の髪質にあったトリートメントで十分。
お気に入りのトリートメントが無ければ当ショップ一押しのハナヘナトリートメントをヘナ後にしてください。
ホームヘナ(セルフヘナ)で白髪染めの最大の武器がヘナのトリートメント効果です。
ヘナトリートメントはヘナ染め2時間以上じゃないとあまり効果を感じられないと思います。
美容室でヘナ染めをする場合せいぜい1時間くらいしかおきません、
ホームヘナはヘナを塗って2時間から4時間がお勧めです。
2時間以上おいてしっかりとすすいでください。
しっかりとすすいだら、ハナヘナトリートメントを髪と頭皮につけて目の粗い櫛で髪をとかし頭皮のマッサージをしてください。
1分間マッサージをしてたっぷりのお湯で地肌を中心にもう一度すすいでください。

かなりしっかりとすすいでも、1週間くらいは髪がぬれるとオレンジ色のしずくが垂れてきますので
タオルがオレンジ色に汚れる覚悟をしてください。
パジャマもオレンジ色に汚れる覚悟をしてください。

お風呂から上がって、スキンケアが終わったら。

ドライヤーでしっかりと髪を乾かしてください。

その時の注意点はドライヤーの温度。ドライヤーの温度は60度。
頭皮があまり暑くない程度で乾かしてください。
髪のボリュームが出ない方は頭を下に向けて頭皮に風を当てて乾かしてください。
頭皮がしっかり乾いてから髪を乾かしてください。
髪が乾いたらドライヤーの冷風で頭皮と髪を冷ましてください。

髪を乾かすときには途中で止めないで100%乾かし切ってください。(重要)
もし80%のドライで終わってしまったら、残りの20%の水分でくせ毛がでて髪が跳ねたりフワフワのくせ毛がでたりします。

この状態で鏡の貴女の髪を見てください。
表現は古いですが『天使の輪』が貴女の髪に出来ているはずです。
ツヤツヤサラサラになっているはずです。

もしよろしければこのブログを↓のTwitterかFacebookでご紹介していただけるととても嬉しいし助かります。